教育方針

看護部の理念に基づき、他職種と連携・協働しながら患者・家族と看護を創造していける看護師の育成をめざし、かかわり合いをとおして自ら学び行動していく姿勢を支援します。

教育支援システム

病院に勤務する看護職として知識・技術・姿勢を身につけ、さらに看護の専門性を高めていくキャリア開発を支援していくために、キャリア開発プログラムを導入しています。
看護職員一人一人が自ら学び看護をとおして成長し、やりがいを持って看護を継続していくことができる支援システムです。

新人教育支援システム~新人の成長にあった教育と支援~研修プログラム

新人看護職員にはプリセプター、サポーターを配置し、部署の職員全員で新人看護師を支援していく屋根瓦式の教育支援体制をとっています。



 職員全員で新人看護師を支えます

新人看護職員研修プログラム

<看護部門集合教育>

4月
入職時研修
看護技術研修(採血 静脈点滴注射 輸液ポンプ シリンジポンプ AED)

5月
BLS(済生会横浜市東部病院で受講)
看護必要度と看護記録
6月 ストレスマネジメント・緊急時の対応・3ヶ月フォローアップ研修
7月
フィジカルアセスメント(呼吸器系・循環器系・脳神経系)と報告・看護記録
8月
10月 6ヶ月フォローアップ研修
3月 1年フォローアップ研修
〇5月~1月 新人看護職員研修5日間(神奈川県看護協会研修を受講)

看護部院内教育研修の組み立て

ラダーレベルに沿って、安全で質の高い看護実践を支援するための研修、プリセプターやサポーター、コーディネーター等の役割発揮を支援するための研修を計画しています。 研修は院内集合研修の他、院外研修として済生会横浜市東部病院をはじめ他の医療機関のオープンセミナー、神奈川県看護協会研修、各種学会参加等を活用していきます。

教育・職場環境

私たち神奈川県病院の看護部の紹介です。みんな元気にがんばってま~す!

TOPへ戻る

お問い合わせ・アクセス

〒221-8601 横浜市神奈川区富家町6-6

  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
このページの先頭へ戻る